Turbo.264 HD 1.0.3

Turbo.264 HD 1.0.3

フォーカルポイントコンピュータが販売しているElgato Systemsのハイビジョン対応高速ハードウェアエンコーダ「turbo.264 HD」のソフトウェアが「Turbo.264 HD 1.0.3」にバージョンアップ(ソフトウェアアップデート)し、インターレース解除とスケーリングの改良により、H.264 や特定の MPEG-2 ソースからのエンコードファイルの画像がさらにシャープになったそうです。

また、オプションに「プログレッシブスキャン•ダブルフレームレートノンインターレース」が追加され、この進んだモーションディテクションとダブルフレームレートにより、優れた画像と一層スムーズな再生が可能になっているそうです。

この機能は 1080i ソースを 720p にエンコードする際、特に便利で、このエンコードのインターレース解除には自動的にこのダブルフレームレート機能が選択されます。

プログレッシブスキャンとダブル fps を有効にすることで、1080i/30 ソースは 720p/60 に、1080i/25 ソースは 720p/50 にエンコードされ、エンコード後の 720p ファイルは iMovie に書き出し、さらなる編集をすることも可能です。

注意:Apple TV 及び iPod はフレームが倍増したコンテンツを再生できません。また、プログレッシブスキャンダブルfps インターレース解除は CPU への負荷が増加します。HD ソースではこの傾向が顕著に現れます。

その他の変更点と不具合の修正点は以下の通りです。


・EyeTV、DVD、及び QuickTime のチャプタマーカーをソースファイルからエンコードファイルに転送できるようになり、iMovie とのファイル互換性を向上するために、QuickTime のチャプタマーカーは新しく、デフォルトでオフ設定となった。この機能を再び有効にするには、カスタムプロファイルを作成する必要がある。

・多くのソースファイルに関するシンクの問題を修正。

・Turbo.264 HD カスタムプロファイルが新しくEyeTV の書き出しオプションからアクセスできるようになった。

・Dolby Digital のトラックが新しく、720 及び 1080p カスタムプロファイルに書き出された時、保存されるようになった。

・XDCAM フォーマットをサポート。

・Sanyo Xacti 1080i ビデオが新しく正確なフレームレートで変換されるようになった。

・Turbo HD を使った EyeTV からのカスタム書き出しにクローズドキャプションが抜けているという問題を修正。

・大量のファイルを Turbo HD アプリケーションに追加する時に起きたエラー(-42)を解決。

・複数のオーディオトラックを持つ QuickTime ムービーに、選択したオーディオトラックを正確に書き出すことができるようになった。

・DivX ファイルを書き出す際に生じた幾つかの問題を修正。


関連エントリー:ハイビジョン対応高速ハードウェアエンコーダ「turbo.264 HD」を試す


PR

Category

Calendar

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する