Other World Computingが、Mac Pro (Late 2013)バラシを公開しています。

AMD FireProは、専用基盤上に直付けされているようですが、22nmプロセスで製造されたIvy Bridgeアーキテクチャーの「Intel Xeon E5 v2」は、LGA2011ソケットで装着されているようです。

CTOによるハイエンドプロセッサ「Xeon E5-2687W v2」は、パーツ購入したとしても高額で、低スペックモデルを購入して、プロセッサ交換するメリットは、現時点ではなさそうです。

昨年発売された、前プロセッサである、32nmプロセスで製造されたSandy Bridgeアーキテクチャーの「Intel Xeon E5」は、あまり値下がりしておらず、Intel Xeon E5 v2シリーズも、大幅な値下がりは期待出来ないことから、ユーザー交換によるメリットは無いかもしれません。


関連エントリー
Mac Pro (Late 2013)をチェック
Mac Pro (Late 2013)ベンチマーク
Mac Pro (Late 2013)のマルチ4Kディスプレイ接続に関して
Mac Pro (Late 2013)、MacBook Pro (Retina, Late 2013)の4Kディスプレイ、4K Ultra HD TV(4K液晶テレビ)サポートについて
Mac Pro (Late 2013)のフラッシュストレージ交換について(サードパーティ製フラッシュストレージ利用可能)
Mac Pro (Late 2013)のメモリ交換について(1866MHz DDR3 ECC [PC3-15000])




PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する