iPod touch (4th generation)

iPod touch (4th generation)

iPod touch (4th generation)のカメラで、ブラックバック撮影を行いノイズのチェックを行なってみました。

本来、ブラックバック撮影は、温度や、連続センサー利用時間が影響し、環境を同じにしないと正確とはいえず、個体差も出るのですが、おおよその値は分かるのではないかと考えています。

Photoshopで、まず全体選択で入力レベルを確認し、その後、500%拡大してレッドチャンネルだけを表示して、ノイズを視覚化出来るように処理してみました。

RGB表示では目視確認出来ないレベルで収まっていて、逆にレンズのゴミがはっきりと分かりますが、レベル入力を確認すると、シャドー部分の一番端が裁ち落としされているような印象を受けます。


ブラックバック撮影時のカメラデータを確認してみると、iPod touch (4th generation)のF値は「焦点距離3.9mm、絞りf/2.4」ということが確認できます。

この値は、iPhone 4と同じですが、iPhone 4のカメラの場合、右側にノイズがのる傾向が強いのですが、iPod touch (4th generation)の場合は、全体的に成らされている気がします。


iPhone 4とiPod touch (4th generation)をグレーチャート撮影してみました。被写体に対しての距離は、同じにして撮影しています。

静止画撮影の画面スクリーンショットで比べてみると、iPod touch (4th generation)のカメラは、iPhone 4のカメラと比較して、約20%狭いことが確認出来ます。

iPhone 4の解像度に比べて、iPod touch (4th generation)のカメラの解像度は甘いことも確認出来ます。

iOS 4.1になっても、iPhone 4のカメラの場合、中央にブルーが出てしまう症状が出るのは変わっていませんが、iPod touch (4th generation)では発生しないようです。


今度は動画撮影モードに切り替えて画面スクリーンショットを比べてみると、iPhone 4は、ぐっと画角が狭くなるのに対して、iPod touch (4th generation)の場合は、ほぼ変化が無い感じがします。

動画撮影の場合は、iPhone 4よりも、iPod touch (4th generation)の方が広い視野角で撮影することが出来ることが確認出来ました。

これらから、iPod touch (4th generation)は、ひょっとすると、採用されている裏面CMOSセンサーは、720p動画撮影用に設計されていて、静止画は、キャプチャーに近いのかもしれません。


関連エントリー
iPhone 3GSのカメラはノイズが少ない
iPod touch (4th generation) フォトレポート
iPod touch (4th generation) ベンチマークレポート
iPod touch (4th generation)のメモリー容量は、iPod touch (3rd generation)と同じ256MB
US Apple Store、iPod touch (4th generation)の出荷を開始
iPod touch (4th generation) レポート


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する