Pad

Pad

Philip Hanssonが、iPhone/iPod touchで、MacのトラクパッドをWi-Fi経由でコントロール出来るアプリ「Padicon」をApp Storeにて、115円で販売を開始したのでさっそく試してみました。


PadD

PadD

予め、Mac側にコントロールホストアプリ「PadD」をインストールして起動してきます。Dockには表示されず、メニューバーに矢印のアイコンが表示されます。

その矢印アイコンをクリックして、Padのパスワードを設定します。


ユニバーサルアクセス

ユニバーサルアクセス

次に、Mac OS Xのシステム環境設定のユニバーサルアクセスのマウスとトラックパッドにある「補助装置にアクセスできるようにする」にチェックを入れます。


ホスト名の場所

ホスト名の場所

iPhone 3GのPadアプリを起動します。ホスト名は、Mac OS Xのシステム環境設定の共有に表示される「XXXXXX.local」(.local の部分は必要ありません)を入力し、パスワードは、PadDで設定したパスワードを入力します。


Pad入力画面

Pad入力画面

入力した内容が正しければ、iPhone 3Gの画面がグレーに代わり、Macをコントロール出来るようになります。

ダブルフィンガーズームの機能が有効なMacであれば、それらの機能も動きます。

また、Padから文字入力もでき、それをSendすると、Mac側に送られてきます。


PadDのメニューから、Pad側に、ショートカットキーを送信することで、Padからショートカットによるコントロールも出来るようです。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


PR

Category

Calendar

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する