2015年10月29日(木)

Apple TV (4th generation)をチェック

Apple TV (4th generation)

Apple TV (4th generation)

Appleの新型Apple TV「Apple TV (4th generation)」をチェックしてみました。

これまでのApple TV (3rd generation)と比べて、Siri、App Store、他社製コントローラが利用可能になりました。


Apple TV (4th generation)

Apple TV (4th generation)

オーディオ出力は、Dolby Digital 5.1からDolby Digital 7.1にアップしていますが、光オーディオ出力ポートは無くなっています。

サービスおよびサポート用ポートが、USB-Cコネクタに変更されています。

USB-Cポートを使用して画面キャプチャが可能です。


Apple Siri Remote

Apple Siri Remote

本体よりも、付属する「Apple Siri Remote」の方が特徴的だと思います。

ガラス製Touchサーフェス、Siri用デュアルマイクロフォン、加速度センサーとジャイロスコープ、Bluetooth 4.0、IRトランスミッタ、充電用Lightningコネクタなどが搭載されています。


Apple Siri Remote

Apple Siri Remote

Apple Siri Remoteは、同梱されているLightningケーブルを接続して充電を行ないます。

1回の充電で数か月持続するリチャージャブルバッテリーが採用されています。


Apple Remote Loop

Apple Remote Loop

別売のApple Remote Loopも利用できます。

これは、Apple Siri Remote専用で、iPhoneなどに接続してもロックされない仕様となっています。


Apple TV (4th generation) HDMI CEC

Apple TV (4th generation) HDMI CEC

Apple TV (4th generation)はHDMI CECに対応しているため、HDMI CEC対応テレビとHDMI接続(HDMI 1.2a以降)されていれば、Siri Remoteで電源を入れることで、テレビの電源も一緒に入り、同時に接続されているHDMIソースに切り替わります。

地デジ放送閲覧中でも、Siri Remoteを押すと、Apple TV (4th generation)に切り替えることが出来ます。


トップ画面は、これまでのApple TV (3rd generation)と比べて、より洗練されたUIデザインに変わっていて、Touchサーフェスを動かして操作します。

App Storeが用意されている点が今までとは違い、また、Siriを利用して、様々な情報を表示させることが可能なのも異なる点です。


ミュージック

ミュージック

ミュージックは、iTunes 12に似たUIデザインに変わり、For Youやプレイリストなども利用可能になっていますが、iTines Storeはありません。

マイミュージックは、表示方法が洗練された感じで、利用出来る機能としては従来と同じです。


Beats 1 Radioは、iTunes 12と基本的に同じデザインで、現在再生されている楽曲情報は、iTunes 12のミニプレーヤー表示のようなカバーアートと楽曲情報が表示されます。

かなりシンプルな再生状態になりますが、基本的にインターネットラジオ再生なので、これで十分なのかもしれません。


tvOS専用ゲームとして「Beat Sports」「Rayman Adventures」などがプレイでき、「Shadowmatic」「Asphalt 8」もプレイできます。


Asphalt 8などゲームを起動すると、Apple Siri Remoteの操作方法などが表示されます。

こうした操作は、ゲームやアプリによって異なるため、初回にガイド表示するのは必須かもしれません。


Siri Remoteのホームボタン(テレビアイコン)をすばやく2回押すと各 App を表す小さいウインドウが画面上に列として表示されます。

そこから素早くアプリを切り替えることが出来ます。

また、Touch サーフェスを上にスワイプすると、ハイライトされている App を強制的に終了できます。


検索ボタンは、これまでの文字入力デザインが変わり、文字入力がしやすくなっています。

しかし、音声入力には対応しておらず、Apple Musicなどは、まだSiri検索にも対応していないため、キーワード検索を使用する場面が結構多いです。


App Storeのトップ画面に表示されているアプリだけでなく、tvOSに対応したアプリは結構リリースされています。

ただ、それらはキーワード検索を使用して自力で探すほかなく、リリース日、ジャンル分けもされていません。


tvOSアプリは、多くのデベロッパーが、iOSアプリの購入権利と同一承認している場合が多いため、購入済み Appとして表示される場合が多いです。

ここから使いたいゲームやその他のアプリを探すと良いと思います。


Siriは、現在表示中のコンテンツを元に「初めから再生して」「2分早送りして」「この映画の監督は誰?」などを検索したり出来るほかに、「外の気温は何度?」「現在地の天気」などを探すことも可能です。

テレビのDボタンで呼び出すような機能をSiriで表示されるような感じです。


Bluetooth接続デバイスは、Apple Siri Remoteだけでなく、SteelSeries NimbusワイヤレスゲームコントローラBeats by Dr.Dre Solo2 Wirelessなども接続して使用することが可能です。

なお、サポート情報によると、コントローラーはMFi (Made for iOS)認証されているものかしか使用出来ないそうです。


tvOSのバージョンは「tvOS 9.0(13T396)」がインストールされています。

HDMI 1.4仕様なので、3D映像と3840×2160 (30p)、4096×2160 (24p) の解像度にも対応していますが、出力出来る映像解像度は1080p HD/60fpsまでとなっています。


tvOSのスクリーンセーバーで「航空写真」を選ぶと、世界各国34ヶ所を空撮したHDビデオが表示されます。

このスクリーンセーバーをMacで使用出来るようにしたデーターが、GitHubで公開されています。


関連エントリー
Apple TV (4th generation)で画面キャプチャする方法
Apple Special Event September 2015ハンズオン



PR

Category

Calendar

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する