[AR]Tラボ:拡張現実を体験しよう

[AR]Tラボ:拡張現実を体験しよう

Apple Storeが、Today at Appleの新しいプログラムとして、アーティストであり教育者でもあるSarah Rothberg氏との共同開発セッション「[AR]Tラボ:拡張現実を体験しよう」を開催しました。

このセッションは、iPadアプリ「Swift Playgrounds」を使用します。


Sarah Rothberg氏

Sarah Rothberg氏

アーティストで教育者であるSarah Rothberg氏は、彼女を取り巻く世界をキャンバスに、拡張現実というツールを使ってアートを制作します。

ニューヨーク大学で教鞭をとる彼女は、New Museumの文化的インキュベーター「NEW INC」のメンバーでもあります。


Swift Playgrounds

Swift Playgrounds

Apple Storeから貸出しされたiPad Pro (11-inch)には、Swift Playgroundsアプリ内に「変なところにある時間」「コーディングでARを創ろう」「グループコード」の3つがインストールされています。

これらは、Apple Storeでのみ提供されますが、セッション参加者が希望すれば、AirDrop経由で共有し自宅学習コンテンツとして使用できます。


変なところにある時間

変なところにある時間

最初は「変なところにある時間」を実行し、Sarah Rothberg氏がコーディングした拡張堅実プログラムを体験します。

iPad Pro (11-inch)のカメラで写しながら矢印を4つ配置します。

黒いトリガーオブジェクトが出現したら、それに近づいて触れると様々なイベントが発動します。


コーディングでARを創ろう

コーディングでARを創ろう

次に「コーディングでARを創ろう」に切り替え、コーディングを学びます。

最初は「拡張現実について」で、予め用意されているオブジェクトモデル名を入力して実行コードを記述します。

2画面表示の右側でコードを実行できるか確認します。


モデルを追加する

モデルを追加する

次に「モデルを追加する」に進み、ARモデルをシーンに追加する方法を学びます。

モデルを作成し、変数として保存し「scene.add」を使って変数を指定します。

2画面表示の右側でコードを実行できるか確認します。


アクションを使う

アクションを使う

次は「アクションを使う」に進み、アクションを使ってモデルをコントロールする方法を学びます。

シーン内に2つのモデルを表示させ、そのモデルの移動、拡大/縮小、回転、フェードさせるアクションを指定します。

時間の関係上、ここでSwift Playgroundsは終了です。


Sarah デジタルノート

Sarah デジタルノート

iPhone/iPadアプリ「Pages」を起動し、Sarah デジタルノートを開きます。

ここでは、マインドマップを使ったARオブジェクトをどう動かすか?のアイデアをまとめます。


マインドマップ

マインドマップ

マインドマップ上にある2つの丸の上にオブジェクトを配置し、結びつきを描き込みします。

オブジェクトのイメージから連想される単語を描き、そのうちのどれとどれを結びつけるかを考えます。


シーンを作成する

シーンを作成する

シーンを作成するに進み、シーンは何を表現しているか?体験が始まった時にどんなものが見えるか?オブジェクトに近づいたら、何が起こるか?音はあるか?言葉は見えるか?など様々な表現する上でのアイデアを作ります。

今回は、ここで時間切れとなって終了しました。


PR

Category

Calendar

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する