ひらくPCバッグnano

ひらくPCバッグnano

スーパークラシックが、小型バッグ「ひらくPCバッグnano」を発売したので試してみました。

普段からひらくPCバッグを愛用しているので、ひらくPCバッグユーザー視点から見てみました。


ひらくPCバッグ/ひらくPCバッグnano

ひらくPCバッグ/ひらくPCバッグnano

ひらくPCバッグと比べて、ひらくPCバッグnanoは、かなり小さいことが分かります。

ひらくPCバッグがMacBook Proが入るサイズ前提だったのに対して、ひらくPCバッグnanoは、iPad程度の端末が入る程度のサイズとなっています。


ひらくPCバッグnano

ひらくPCバッグnano

ひらくPCバッグの名前の通り、バッグを机に置いた状態で、バッグの中に横からアクセスでき、開口部分を折り曲げ、アクセサリーポケットの口が逆を向くことで、バッグが開いた状態で使用することが出来ます。

これは、ひらくPCバックの特長でもあります。


ひらくPCバッグnano

ひらくPCバッグnano

ひらくPCバッグnanoは、ペン立てのように使用できるため、バッグを机に置いて、アクセサリーポケットに入れたバッテリーにLightningケーブルを接続して、iPhone Xを充電することが簡単に行えます。

いちいちバッテリーをバッグから取り出す必要はありません。


ひらくPCバッグnano

ひらくPCバッグnano

ひらくPCバッグnanoの特長として、背面の大型ポケットの中に、のびるポケットが装備されています。

これを引っぱり出すことで、ひらくPCバッグnanoのサイズには納まらないA4サイズの書類やカタログなどを収納することが可能です。

また、通常では入らないMacBook Air (13-inch)なども、こののびるポケットがあれば収納することが出来ます。

このひらくPCバッグnano特有の機能によって、毎日MacBook AirやMacBook Proは持ち歩かないけど、いざという時に入るといいなぁ〜と考えていた方にはピッタリだと思います。


ひらくPCバッグnano

ひらくPCバッグnano

もう1つの特長は、底面横幅 31.5cmになり、ひらくPCバッグよりも約10cmほど小さくなったことです。

例えば書棚に入れてみると、これまでのひらくPCバッグでは出っ張り過ぎるサイズだったのが、ちゃんと収納出来るサイズになっています。


ひらくPCバッグnano

ひらくPCバッグnano

最近のカフェは、1人席としてカウンター席が用意されていることが多く、そのカウンターの奥行きは、MacBook Proが置ける程度しかありません。

そこにひらくPCバッグを置くと邪魔なサイズだったわけですが、ひらくPCバッグnanoだとそれが解決します。


ひらくPCバッグnano

ひらくPCバッグnano

ひらくPCバッグ特有の斜め止めされたストラップによって、立ったままでも全てのツールにアクセスすることが出来ます。

また、ダブルファスナー、パンチングレザーポケット、ナイロン × ポリエステル(弱撥水の表素材など、ひらくPCバッグと同じ品質が保たれています。


ひらくPCバッグnano

ひらくPCバッグnano

ひらくPCバッグnanoは肩掛けショルダーとして持ち歩けるため、両手を開けることが出来ます。

今回、小型化されたことで、ランドセルよりも小さくなり、子供に持たせるカバンとしても活用しやすくなった気がします。



PR

Category

Calendar

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する