FQ777 FQ17W

FQ777 FQ17W

FQ777models.comのポケットサイズ型ドローン「FQ777 FQ17W」を試してみました。

折りたたみ式プロペラを装備し、30万画素カメラ、6軸ジャイロを搭載しています。

iPhoneで操作可能で、WiFi FPVリアルタイム画像を伝送することが出来る小型ドローンです。

性能的に、おもちゃレベルだと思いますが、iPhoneによるコントロールは難しいので、付属するコントローラーを使って、操作に慣れた方が良いと思います/


FQ777 FQ17W

FQ777 FQ17W

本体の重さは、バッテリー含めて46gとかなり軽量です。

プロペラは折りたたみ式のため、プロペラを収納すればポケット収納可能です。


FQ777 FQ17W

FQ777 FQ17W

プロペラを支える支柱は金属チューブ製で、ブレードはネジで止められたフレキシブル式となっています。

ブレードの仕組みによって、ブレードが壁に当たったとしても壊れる可能性は少ないと思います。


FQ777 FQ17W

FQ777 FQ17W

30万画素カメラは、折りたたみ式プロペラを収納する部分の内側に装備されています。

カメラを動かすことは出来ず、カメラの撮影方向を変えるには、ドローン本体自体の向きを変えるしかありません。


FQ777 FQ17W

FQ777 FQ17W

バッテリー容量は300mAhで、約6~8分飛行することが可能です。

バッテリーを収納する場所は、本体の底面となっています。


FQ777 FQ17W

FQ777 FQ17W

バッテリーの充電は、付属するUSB電源アダプタに、バッテリーから延びるケーブルを接続して行います。

USBアダプタにケーブルを接続すると赤いLEDが点灯し、USBコネクタをUSBポートに接続するとLEDが消灯します。

バッテリーが満充電になると赤いLEDが再び点灯します。


FQ777 FQ17W

FQ777 FQ17W

リモートコントローラーは単4電池3本で駆動します。

iPhoneアプリで操作するより、このリモコンを使用しての操作の方が簡単だと思います。

iPhoneを装着し、アプリ画面を通じてカメラ画像をリアルタイムプレビューを見ながら操作することも可能です。


FQ777 FQ17W

FQ777 FQ17W

iPhoneで操作するには、本体電源を長押ししてWi-FIペアリング状態にします。

iPhoneの設定>Wi-Fiで、FQ777 FQ17WからのWi-Fiアクセスポイントを選択します。

アクセスポイントにはパスワード設定はなく、セキュリティ関する勧告が表示されます。


AIRFUN UFO

AIRFUN UFO

iPhoneアプリ「AIRFUN UFO」をインストールします。

アプリを起動すると、FQ777 FQ17Wとの接続確認が行われます。


AIRFUN UFO

AIRFUN UFO

アプリ操作画面で、リモコン操作ボタンをオンにし、画面上部中央のコントロールボタンをタップします。

画面下の上昇ボタンをタップすると、プロペラが回転して上昇します。

正直、iPhoneでコントロールするのは難しい部類に入ると思います。



PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する