popSLATE 1

popSLATE 1

popSLATEが、背面にE Inkディスプレイを搭載した、Bluetooth接続iPhone 6/6s用ケース「popSLATE 1」を販売していたので試してみました。

Amazon.comの販売価格は129ドルとなっています。

なお、Lightningコネクタ接続に対応した次世代版「popSLATE 2」が、2016年7月に発売予定となっています。


popSLATE 1

popSLATE 1

popSLATE 1は、付属するmicroUSBケーブルを使用して充電を行います。

背面は電子ペーパーのため、表示を切り替える時ぐらいしか電力を消費しないため、かなりバッテリーは持ちます。

本体側面の電源&表示切替ボタンを押し、Bluetooth 2.1によってiPhone 6/6sと接続します。


popSLATE 1

popSLATE 1

iPhone 6/6sとペアリングが完了したら、iPhoneアプリ「popSLATEをインストールします。

ファームウェアのアップデートがある場合は、アップデートを実行します。

ちょっと分かり辛いのですが、popSLATEアプリのセットアップを行う際、popSLATE 1ケースのボタンを何度か押して、背面E Inkディスプレイに「HELLO」を表示させます。


popSLATE 1

popSLATE 1

表示が確認出来ると次のステップへと進むことが出来ます。

popSLATE 1には、バッテリー状況を示すものは搭載されておらず、バッテリー残量はpopSLATEアプリ上で確認する必要があります。

今後、ファームウェアのアップデートもアプリ経由で行います。


popSLATE 1

popSLATE 1

popSLATE 1で出来ることは、popSLATEアプリでE Inkディスプレイ用にモノトーンデーター化した写真データーを表示する事だけです。

写真を複数登録して、本体横のボタンを押して切り替えることで、背面デザインパターンを変えたり、QRコードを画像化することで表示したりと、色々なアイデアによって有効利用できます。


popSLATE 1

popSLATE 1

popSLATEアプリは、写真編集機能も搭載されています。

また、popSLATEユーザーと写真を共有したり、Instagram上の写真を共有したりできます。

そうした写真をE Inkディスプレイに表示させることができます。


popSLATE 1

popSLATE 1

popSLATEアプリで撮影した写真は、他のpopSLATEアプリユーザーと共有することが出来ます。

共有したくない場合は、画面右下あたりにあるアクションボタンをタップして「popBOOK」に保存します。


popSLATE 1

popSLATE 1

popSLATE 1をiPhone 6/6sに装着するには、popSLATE 1の底面部分を外し、スライドさせながら装着します。

popSLATE 1のE Inkディスプレイの解像度は115dpiとなっています。

スクロール表示などは出来ないので、かなり限定した使用用途向けのアクセサリーだと思います。



PR

Category

Calendar

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PR

Profile

danbo

MACお宝鑑定団

会長

danbo

日本語でのMac,iPhone,iPad,iPod,TwitterなどApple関連の情報サイト。MACお宝鑑定団のBlog。Macに捉われず、様々な情報を掲載しています。

問い合わせ先
広告出稿について
カンパ・チップ のお願い
プライバシーポリシー

Link

RSSを取得する