Mac Treasure Tracing Club
Apple expo 2004

August 2004 MACお宝鑑定団 
Mac News Link Top Page Special
Apple expo 2002 Apple expo 2003 counter



マイクロソフト ヘイロー コンバット エボルヴ Mac 版


基調講演レポート

・Phil Schiller氏が登場し、基調講演がはじまりました。

key01.jpg


Phil Schiller氏が登場し、最初にSteveJobs CEOについて述べ、入院して手術しこの舞台に立てなかったことをとても残念に思っていると話し、来月(9月)早々にも職務に復帰すると述べました。

iPodに関して説明し、現在アメリカのMP 3市場で58%ものシェアを獲得していると述べ、新しいiPod TV CMを紹介しました。そしてHP社が MTVにおいてiPod CMを開始し、さらにiPodの市場優位度は上がるだろうと説明していました。

key02.jpg


iTunesを使用することでPC、AirPort Express(日本名:AirMac Express)でリビング、そしてBMWとのコンビネーションで車にまで進出していると説明し、BMWの製品を使わなくても、車でiPodの音楽を楽しむ事は出来たが、電源やカセットケーブルなどは汚れていた。しかし、BMWのオプションを使用すれば、接続はケーブル1本ですみ、ダッシュボードのコントロールエリアはすっきりすると説明していました。

key03.jpg


Mac OS X (Panther)のネイティブアプリは12,000を超え、OpenGLを使った素晴らしいアプリケーションが登場していると説明していました。THQ社のゲームと、Luxology社のBrad Peebler氏による 3Dモデリングソフト「Mode」と「nexus」(Sneak Previer)のデモが行われました。

key04.jpg


次に、Motionに関してのデモが行われました。

key05.jpg


次に、Mac OS X v10.4 "Tiger."に関して、150以上のNewフューチャーを搭載し、Longhornのずっと前となる2005年前半期に発売すると説明していました。

key06.jpg


そして、Mac OS X v10.4 "Tiger."の主だった部分として、64bitネイティブ化、WIndowsとの親和性向上、Search機能の強化/Spotlightの搭載、H.264、Safari RSS、Dashboard、Automator、iChat AVについてそれぞれデモを行いました。(基本的にWWDCと全く一緒。)

H.264のデモでは、MEPG-4(ISMA)と1.5Mbpsの画像を使っての比較デモを行い、その後にHD映像の再生デモを行っていました。(ファイル名は "720P" )

そして、「iMac G5」が発表されました。

key07.jpg key08.jpg


新しいiMac G5は、USB 2.0 x3ポート、FireWire x 3ポート、S-Video出力、光音声出力を装備し、どんなコンピュータの正面よりも美しいデザインだと述べました。1.8GHzのG5プロセッサーを採用し、液晶横からアクセス出来るスロットローディングドライブを採用していると説明していました。

key09.jpg key12.jpg


この新しいiMac G5は、iPodのデザイナーによって開発されていて、Dockに挿したiPodからインスピレーションを受けたデザインが採用されていると説明していました。

key11.jpg key10.jpg


背面に全てのI/Oポートが纏まっていてとても美しいと述べ、Bluetoothキーボードとマウスを使用すれば、さらにシンプルな環境が実現出来ると説明していました。17"モデルには、CombpDriveとSuperDriveモデルが用意され、AGP X8やSerial ATAを採用し、高速な環境を実現したと述べていました。また、サウンドは、モニタの下から出て、机で反射する仕組みであると説明していました。そして、これには、20"モデルも用意されていると説明していました。

key13.jpg key14.jpg


iMacシリーズは、6年間で7,500,000台が販売されており、1分間で2.38台売れていることになると説明し、基調講演を終えました。


key16.jpg



.

Copyright (C) 2000 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
AppleのColorSyncを使用しています。

Reporters
・Michio Higashi