Mac Treasure Tracing Club
Apple expo 2004

August 2004 MACお宝鑑定団 
Mac News Link Top Page Special
Apple expo 2002 Apple expo 2003 counter


Apple_banner01.jpg apple_banner02.jpg



マイクロソフト ヘイロー コンバット エボルヴ Mac 版


Appleブース レポート

・Appleブースの正面は "iMac G5" で、左側面は "iPod" で占められていました。

基調講演でPhil Schiller氏が「iMac G5はiPodのデザイナーによって開発された」と述べたことについて訪ねると、あれはWindowsユーザー向けのメッセージで「iPodをつくったメーカーが作ったコンピュータですよ」という意味で、特定のデザインチームを指し示してるわけではないそうです。

apple_ipod.jpg


右側面は片側が Mac OS X Tiger.とサーバ製品群のデモエリア、反対側がiApp及びプロアプリなどのアップル製アプリケーションのデモエリアとなっています。

tiger.jpg


Mac OS X Tigerについては、デモスタッフがマウスとキーボードをがっちり管理しているので自由に触る事は無理。質問しても、開発途上という事でアップルのWebサイトに掲載されているレベルの返答しか有りませんでした。

30display.jpg


アプリケーションデモエリアでは、嫌がらせの様に30" Cinema Displayが整列。何度見てもその大きさと美しさには圧倒されますが...GarageBandを30"Display のデュアルでやる意味が分からん (笑)



会場 レポート

・■ Dr.Bott LLC.

 欧米の大手流通代理店である Dr.Bott ブースでは、L.D.K. Office CO. & STUDIO のアンプ付き 「Groove Bag」及び、バード電子の 「EZISON2」が参考出展されていました。
両製品ともにピクニックなど屋外でもiPodの音楽を大きな音量で楽しみたいという欧米のニーズに応えるために改良された製品。その美しいデザインとの相乗効果で、来場者のウケは上々でした。

drbott.jpg

iPod関連製品コーナーの一部は日本製品群で占められている



intego

Apple Expoに合わせた新製品として スパム対策ソフト「Personal Antispam X3」、iChatでセキュアなチャットを行う 「Chatbarrier X3」、ボリュームの保護を行う 「DiskGuard X3」の3製品を発表していました。

intego.jpg

Personal Antispam X3ではスパムの防御率がグラフで表示される



どのソフトもこれまでのintegoソフトと同じ様に、シンプルな操作で軽快に動くセキュリティソフト。Personal Antispamのデモを見せてもらいましたが、スパムの到達パーセンテージをグラフで表示するなど分かり易い操作法が良かったです。

なお、これらの製品の日本での展開についてはApple Expoの会場では得られませんでした。


JBL (harman/kardon)

AppleExpo基調講演での案内された、iPodを差し込むことでスピーカー付きスタンドとして利用する事の出来る 「on stage」と、携帯型スピーカ「on tour」を発表していました。

jbl.jpg

on tour(左)と on stage (右)



会場が騒音だらけであるために音は良く分かりませんが、iPodの音を気軽に楽しむには最適な製品かと思われます。


ALTEC LANSING

JBLと並んで基調講演で製品を紹介されたiMシリーズのデモを行っていました。

こちらはiPod用の 「iM3」と、iPod mini用の 「iMmini」の2製品構成となっており、iM3については各世代・各ディスク容量のiPodに対応出来るようにスペーサが同梱されています。

im3.jpg iMmini.jpg

各種iPodに対応する様に数多くのスペーサが同梱される "iM3"

iPod miniサイズの可愛いシステムスピーカ



Microsoft

ようやく発売日が決定した「Virtual PC 7」はAppleExpoでも PowerMac G5 を利用して大々的にデモが行われていました。

ms.jpg ms_vpc.jpg

フランスらしい華やかなブースを展開するマイクロソフト

ようやく発売日が決定したVirtual PCはPowerMac G5でデモ



BOSE

Apple Expo基調講演でも紹介された「SoundDock」の展示を行っていました。

BOSEはブース内に壁に囲まれた視聴室を作成しての展示を行っていたために音をしっかり聞けましたが、良い意味でも悪い意味でもBOSEの音。あと、スピーカーが小さいためか、大音量を入れると音が割れる症状が見られました。

ただ、リモコンも同梱されているためにiPodを手元に置いて操作する必要が無く、リビングなどに置いて家族で手軽に楽しむには十二分な機能と性能です。

発売は10月。会場においても日米欧で展開予定と説明していましたが、日本での価格は不明でした。(ちなみに、アメリカでは$299-)

bose01.jpg bose02.jpg


Sonnet Technologies

PowerMac G4向けのPowerPC Dualプロセッサへのアップグレードカード 「Encore/ST G4 Dual」を展示していました。

これは2MBのL3キャッシュを搭載した1.3GHz PowerPC G4を2台搭載したカード。Mac OS Xにも対応していますので、PowerMac G4を少しでもアップグレードしたい人には最適な製品となっています。

sonnet.jpg


■MacGames

基調講演でデモされたTHQ社の 「The Incredibles」はMacgames.frブースにてプレイ可能となっていました。

thq.jpg

PowerMac G5と23" Displayで行うゲームは圧巻



.

Copyright (C) 2000 Mac Treasure Tracing Club.
All rights reserved. Site design by BRESTO, Inc.
AppleのColorSyncを使用しています。

Reporters
・Michio Higashi